2013年02月25日

『白夜行』読了(再読

白夜行 [単行本] / 東野 圭吾 (著); 集英社 (刊)
 
以前に読んだことがあったのですが
先日、テレビで映画化されたものが放送されていたので
読み返してみました

かなり忘れてたなー

映画版はあれだけたっぷりしてたようでも
やっぱりかなり端折ってるのね

歪んだ依存関係が
最後に解消される時
亮司は何を思っていたんだろう

映画版での亮司役が高良君だったのは
ハマり役ではないかと思いました
ドラマの方は誰がやったのか知らないけどw
posted by ことら at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/331698396
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。