2013年05月23日

『ジウV』読了

ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫) [文庫] / 誉田 哲也 (著); 中央公論新社 (刊)
 
Vだけ文庫なのよ
図書館になかったのでお友達が貸してくれたのよ

話がずいぶんと広がってなんだか壮大な構想を・・・
面白かったけどちょっと広げすぎかなーと感じました

ジウの心の声について
もう少し迫って欲しかったなぁ

基子は予想通りの変化を遂げて
落ち着くところに落ち着いた感じ

東と美咲にヤキモキしつつも
それがいいのかもと思う終わり方

相変わらず歌舞伎町の地理には疎いままなので
細かな描写はついていけませんでした
posted by ことら at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のオハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。